Soumeijuku’s Blog

SOUMEI塾の風景

イチローさんに学ぶ。自己肯定感という言葉にだまされない。


最近、元メジャーリーガーのイチローさんのYouTube動画を観ました。

その中で、イチローさんは、自己肯定感という言葉を聞いて、

「僕にとって気持ち悪い言葉です」

と語っていました。

 

世の中では、10年ほど前からでしょうか、

「自己肯定感」という言葉が広く使われるようになり、

教育においても

自己肯定感を高めることが重要だとされています。

 

イチローさんのような世界最高の偉業を成し遂げた人なら、

さぞ「自己肯定感」は高いだろうと予想します。

 

しかし、イチローさんは、

「自己肯定」は気持ち悪いと言われました。

 

私も過去のこのブログの中で、

「自己肯定感」は大切だと何度も書いています。

しかし、イチローさんのお話を聞いて、

至極納得するとことがありました。

 

一般には、

成功者と呼ばれる人たち、

何かを成し遂げた人たちは、

自己肯定感が高い。

だから、自己肯定感が低いことはダメで、

高めなければならない。

 

と考えられています。

 

しかし、ここに落とし穴があります。

 

確かに、成功者は傍から見たら自己肯定感が高いでしょう。

ただ、その成功者たちは、

自己肯定感を高めようとしてそうなったわけではない、

という事実。

 

それなのに、

私たちはついそれを忘れて、

自己肯定感を「高めよう」としてしまいます。

 

イチローさんは、

「自己肯定感」に異を唱えているようにも聞こえますが、

核心はそこではなく、

 

「自己肯定感を高めよう」とすること

に対する違和感を感じられているのだと思います。

 

イチローさんは言います。

「僕は手ごたえが好きなんです。」

 

つまり、

今の自分を肯定するとか否定するとか、

そういうことは気にしていない。

 

ただ自分の思い描いた希望に向かって動いて、

そこに到達した「手ごたえ」が得られることが好きなのだと。

 

今の自分がどうだとか、

今の自分をを肯定するとか、否定するとか、

そんなことは気にしていない。

気にしても何の役にも立たない。

 

そうではなく、

結局自分は「どうなりたいのか」。

なりたい自分はどんな自分なのか。

そこに向かって動いて、

その手ごたえを得ていく。

 

その「手ごたえ」の気持ちよさが、

前に進む原動力なのだと思います。

 

イチロー、“自己肯定感の高め方”に持論 思いがけない回答に堀田茜が感嘆「ステキですね」 オリックスグループ『イチ問一答』インスタグラムライブ映像 - YouTube

 

www.soumeijuku.jp

小学生も自習室へ

小5のNさんは、よく自習室に来て勉強しています。

自習に来るの中学、高校生がほとんどで、小学生は珍しいです。

 

自宅からまあまあ距離はありますが、

たいていは歩いて来ています。

寒空の中、たいへんだと思いますが、

偉いなと感心しています。

 

www.soumeijuku.jp

社会の授業をしていて

中3受験生向けの入試対策講習では、

社会の歴史の解説をする回もありました。

 

資料を作り直すにあたって、

改めて中学の歴史の教科書を最初から最後まで

読み直しました。

 

感想は、ひとことで言って

「つまらない」。

歴史って、大スペクタクル映画のように、

刺激的で感動的なものなのに、と思います。

 

それに、この書き方では間違った解釈をしてしまうなとか、

大切なことなのに書いてないことが多々あるな、

と思いました。

 

例えば、素朴な疑問として、

日本という国が、いつどやってできたのか書いてないのですが、

なぜなのでしょうか?

 

私はかつて若いころ、カナダ人の友人に、

日本の神話について教えてくれと言われて、

答えられず、

めちゃくちゃバカにされたことがありました。

海外の教科書では、

日本の項にはイザナギイザナミも書いてあるそうで、

当然日本人なら知っているだろうと

思われていたのでした。

 

グローバルな人材の育成と言いながら、

自国のことも知らない人が

国際社会で認められるわけありませんね。

 

子どもたちが将来

世界で活躍していけるように、

もっと私たちの国のことを学んでいきたいと思います。

www.soumeijuku.jp

数学の魅力と成長を感じる中3生徒

中3のHさんは、数学の点数がなかなか伸びず悩んでいました。

しかし、日々、問題集を解くことをやめませんでした。

 

そして、解ける問題がどんどん増えてきました。

 

先日も、ものすごく集中して問題を解いていました。

顔を上げたと思ったら、

 

「数学っていいね」

 

とひと言。

 

難問を解けたときの気持ちよさ、

考えることの気持ちよさ、

自分の力で解決することの気持ちよさ、

自分の能力が高まったことを感じられる気持ちよさ、

を味わえたのだと思います。

 

ゲームの中のキャラクターを育成するのにも似ています。

エストを解決しながら、能力アップさせていく。

 

でも、ゲームとは違います。

ゲームのキャラクターは自分の分身ではあるかもしれないけど、

自分自身ではありません。

ゲームの中でしか使えません。

 

でも、数学を通じて養った能力は、

誰にも奪われません。

一生自分のものになります。

 

成長は感動的です。

 

www.soumeijuku.jp

令和6年がスタート


あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

令和6年は震災という幕開けで穏やかではいられませんでした。

被災者の方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

 

世の中何が起こるかわかりませんが、

子どもたちの未来を明るくしていくはたらきを

していきたいと改めて思います。

 

塾では、冬期講習、入試対策講習が終了しました。

冬期講習では、小学生から高校生まで、

それぞれ熱心に取り組む姿に、私も元気をもらいました。

 

受験生はいよいよ入試が本格化する時季となり、

かれらの表情にも真剣さや緊張感が見られ、

より集中度が増してきています。

そして、それぞれ力がついてきていることが

感じられ、頼もしい限りです。

 

この年も皆さまにとって

素敵な年になりますように。

 

www.soumeijuku.jp