soumeijuku’s blog

SOUMEI塾の風景

総合テストで大幅アップ

中3生は2学期から総合テストが始まります。

学校の先生は「総合テストになると5教科合計が100点下がるぞ」とよくおっしゃるようです。

確かに、それまでの定期テストに比べると、範囲が広く、問題も難しくなるので、

平均点が下がります。

その中で上げていくのは、やはりたいへんなことです。

上げていくのには相当な努力が必要です。

 

それでも、毎年、総合テストに入ってから100点以上、上げる生徒もいます。

 

今年も出ました。

Kさんは、第4回総合テストで159点アップをしました。

これはすごいです。

 

本人のコメントは、

「上がりました」

と極めてクールでしたが、照れた表情をしていました。

 

彼女は、自習にもよく来て、いつも黙々と勉強に励んでいます。

成果が出るのにもう少し時間がかかるかと思っていましたが、

予想よりも早く、大きな結果を出してくれました。

「地道な努力の積み重ね」の強さを改めて感じました。

諦めずにやってみます

前回のテストでは失敗しましたが、今回のテストでは挽回した中3のSくん。

しかし、志望校のレベルまではもっと上げる必要があります。

 

自分のふがいなさに心が折れかけた彼ですが、

「諦めずにやってみます」

と頼もしいことを言ってくれました。

 

実際、今猛勉強中です。

 

子どもたちには、若いうちから諦めることを覚えてほしくない、

と思っています。

諦めない人間になるためには、

周りの大人の関わり方が本当に重要です。

 

小学生、中学生ですでに「諦め癖」がついてしまっている子もいます。

私が塾で子どもたちと関われる時間はわずかですが、

諦めない、頑張ることができる人を育てたいです。

8時間

土曜日に自習に来ていた中3のAさんが長時間連続で頑張っていました。

 

Aさんに「長時間頑張ったね。」

と言うと、時間を数えて、

 

「8時間やった!」

と、自分でも驚いていました。

 

これが一時ではなく、毎日のように頑張っているのがすごいです。

それが本人の自信にもつながっています。

テスト勉強計画表

テスト勉強の計画の立て方は「SOUMEI通信」で伝えたり、

随時アドバイスしたりしています。

 

中2Sくんのテスト勉強計画表を見せてもらいました。

半年前と比べると、とても改善されていました。

また内容は彼の性格にも合っているものでした。

きっと実行してくれると思います。

 

彼の中の変化

中2のAくんのノートの字がきれいに読みやすく変化してきました。

 

それと連動して正答率が上がってきました。

 

こういう連動はよく見られます。

彼の中で何かが変わったのがよくわかります。

 

自分は、文字を丁寧に書く人。

自分は、式を丁寧に書く人。

自分は、丁寧に考え、正解を出せる人。

 

ステージが一つ上がったというか、成長のひとつだと思います。

こんな変化が嬉しいです。

スルーしないで

小6のKさんは、いつも熱心に取り組んでいて、

自分でよく考えて、それでもわからないところはちゃんと質問をします。

わからないところをスルーせずに、

一つひとつ解決して進められているところが偉いです。

 

基本的なことですが、

中学生くらいになると質問をすることを

恥ずかしがったり、めんどくさがったりで、

わからないところをスルーしがちです。

 

ぜひ続けてほしい習慣です。

自分で考えて

補講のときの勉強の内容は、私が指示することもありますが、

目標の点数を取るために何をすべきか、何をやっておきたいか、

なるべく生徒自身に考えてもらうようにしています。

 

中2のTくんは、以前は、私に「何をすればいいですか」と聞いてきていましたが、

最近は「理科の〇〇の単元を勉強したいのでプリントをください。」

など、自分で考えて進められるようになりました。

 

生徒自身に考えてもらうと、ときに効率の悪いことをすることもあります。

しかし、試行錯誤から学べることも重要です。