soumeijuku’s blog

SOUMEI塾の風景

テストが終わっても

いくつかの中学ではすでに中間テストが終わっています。

テストが終わったその日に塾がある生徒でも

授業に来ると、皆集中して勉強に取り組んでいます。

ほんと感心します。

私は自分の学生時代を思い返すと、

テストが終わると「勉強は忘れて遊ぶぞー」という感じで、

すっかり気が抜けていました。

そういうメリハリも大事だと思いますが、

今の塾生たちのように、

塾は塾で変わらず一生懸命やる、というのは偉いと思います。

自主的にやってきた

普段あまり家では勉強ができないという中3のYくんが、

「先生、丸付けをしてください。」と

以前渡したプリントの問題を大量に解いたものを見せてくれました。

それは宿題にしていわけではないのに、

自主的にやってきていたものでした。

「苦手なところを練習したかった」とのこと。

 

私はこういうのに価値があると思います。

宿題としてやってきなさいと言われてやったものと、

自主的にやったものとでは、

同じ問題、分量だとしても、身になる度合いが違うのではないでしょうか。

それ以上に、その経験によって身につく自信には

大きな差があると思うのです。

 

 

 

 

塾に置いてある変なもの③

これも不思議なんですよね。

浮かぶポイントに乗せるのが難しくて、

生徒がチャレンジして成功すると喜んでいます。


浮かぶ地球儀

補講頑張っていました

今日は日曜補講でした。

補講は自主参加、無料でやっています。

多くの中学生、高校生の皆さんが参加しました。

 

怠けようとかふざけようとかいうことがまったくなく、

4時間以上連続で勉強している生徒たちもいて、

私の方から「ちょっと休憩したら?」と声をかけるくらいでした。

 

1学期からよく頑張っているなーと思います。

 

本気を出してきた

中3のKくんの数学の正答率が急に良くなりました。

ノートの字も急にきれいになりました。

最近の集中度がとても良いのです。

 

昨年入塾した当初のノートは読めないような字で

計算も間違いだらけでしたが、

急激に改善しています。

本人としては意識的に変えたわけではないようですが、

変化は明らかです。

本気を出してきたな、と感じます。

 

勉強における成長は、どの生徒にどのタイミングで起こるのか、

予測がつかないところがあります。

地道にゆっくりと歩んでいくタイプ、短期集中で一気に結果を出すタイプ、

目標が定まると頑張り始めるタイプ、目標が決まらなくても頑張れるタイプなど

それぞれ。

 

いずれにせよ、大人が子どもの成長を信じて見守ってさえいれば、

子どもたちはそれに応えてくれる。

必ず。

広告を非表示にする

今年は男子も

ここ十年くらいでしょうか、

最近の大学生や新卒の新入社員は男の子よりも女の子の方が

積極的で熱意があって優秀だということがよく言われます。

私は以前勤めていた会社で人事もやっていましたので、

その話はよく耳にしましたし、私自身もそう感じていました。

 

最近の塾生を見ていると男女差ということは感じないですが、

偶然のその年の傾向はあるかなと思いました。

 

昨年度は女子が元気な印象でした。

今年度は始まったばかりですが、頑張っている男子が目立ちます。

今日も自習に来ていたのはほとんど男子でした。

 

男だから女だからどうということはないのですが、

どちらも元気にやっていってほしいです。

広告を非表示にする

部活をやっていても

受験生にとって、部活が追い込みに入るこの時期は

まさに部活と勉強を両立しなければならず、

もっとも苦しい時期かもしれません。

運動部に入っている子は体力的にもきついでしょう。

 

受験勉強は部活が終わってから、と

両立をあきらめている人も少なからずいると思います。

 

そんな中、中3のSくん、Tくんは、

「夕べは夜11時まで勉強してた」

「俺は12時までやった」

と話していました。

 

彼らはバリバリの運動部ですが頑張っているようです。

 

ずいぶんたくましくなったなあと

嬉しく思いました。