soumeijuku’s blog

SOUMEI塾の風景

自主的に勉強も

中1のHくんが、家で解いた数学の問題で分からなかったところを教えてほしいと持ってきました。

そのプリントを見ると、かなり高度な内容の問題でした。

その教材は自主的にやっているとのことでした。

 

以前は、彼が家でゲームばかりしているとお母さまが心配しているほどでしたが、

部活を頑張り出し、さらに自主的に勉強もするようになっていて感心しました。

 

彼はまだ自分に余力があることを自覚しているようで、

今後がさらに楽しみです。

いつも10分前

当塾は、授業時間ちょうどに席に着いていればよいですし、

もし遅れたとしても、一斉授業でなないので大丈夫なのですが、

 

小学生のYさんは、いつも10分前には席に着いて、

勉強を始めています。

 

「えらいね」と言うと、

 

「エヘヘ」と屈託のない笑顔で、清々しい思いです。

 

上位の結果も出ています

期末テストの結果です。

 

今回はたまたま同時に、上位の結果を見せてもらいました。

 

中1のY くんは、詳しい順位は発表されませんが、

学年トップ5には入っていました。

彼は小学生のときから塾に来ていますが、

何についても一生懸命やってみる素直さがあります。

サボることがなく、感心しています。

 

中2のAさんは、念願のトップ10に入りました。

私は、順位がどうというよりも、本人がひたむきに努力を続けていることが素晴らしいと思うのですが、

何より本人がとても嬉しそうにしていたので、私も嬉しくなりました。

自分で改善点を考えられる

期末テストの結果が続々出ています。

 

中1生にとっては、中学に入って2回目のテスト。

Iくんは、塾でやった教科は前回よりも上げらえていて良かったのですが、

本人は、満足でない教科もあったそうで、

感想を聞くと、どの教科はこうで、次はこうしてみる、など、

私が言うまでもなく、自分で反省点、改善点を考えられていて驚きました。

 

子どものうちはたくさん失敗して良いと思います。

失敗をしないように、すべてお膳立てしてあげることはしてはいけません。

ときに成長の機会をスポイルしてしまいます。

そこで、次はどうすればよいのか考えて、やってみる。

そういう経験が力をつけていくのだから。

 

英語が大きく上がりました

今回も中学生のテスト結果です。

 

中2のKさんは、英語の点1学期の間で39点も上げることができました。

数学も20点以上がっています。

英語は短期間で上げるのは難しい教科なので、素晴らしい結果です。

運動部に所属していて忙しいのですが、

補講にも積極的に参加して頑張っていました。

部活でも良い成績を出しているそうです。

 

忙しくたいへんじゃないか本人に聞くと、

「大丈夫です!」

と元気に答えてくれました。

辛さを見せないのでしょうが、

楽しそうにも見えるので、安心しています。

 

中1生も刺激し合って

補講の様子です。

 

中3生や高校生が頑張っている中、

今回も、YくんとTくんも中1ながら頑張っていました。

 

Yくんは、自分からプリントがほしいと言って、黙々と解いています。

Tくんは「勉強すると眠たくなる」と言うので、

気が乗らないのかなと思ったのですが、

彼は、口ではそう言いながら、積極的に質問をして熱心に取り組んでいました。

 

彼ら2人は、お互いに刺激し合って頑張ることができているようです。

ライバルというよりは、同志という感じで。

 

 

主体的に勉強

中2のKさんは、とても忙しい部活に属していて、

授業以外には塾にあまり来ることができませんが、

授業の日は、宿題以外にも、

自宅でした勉強で分からなかったところの質問を準備してきています。

 

質問したいところがはっきりしているということは、

主体的に勉強ができていることの表れです。

こういう姿勢でできていれば伸びていきますね。