soumeijuku’s blog

SOUMEI塾の風景

高校入試の問題

先月、平成28年度長野県公立高校入試の平均点等の結果が

教育委員会から公表されました。

5科平均点の合計は、H27年度が273.11点だったのに対し、

H28年度は263.52点と、前年に比べて約10点低くなりました。

特に理科が前年に比べて14.22点も下がりました。

詳しくは「SOUMEI通信」でお伝えしていますが、

問題の傾向は、ここ10年ほどの中で最も大きな変化の年だったといえます。

各教科に共通する点は、論述・記述問題の増加です。

知識だけでなく、思考力・判断力・表現力を問う問題が増やされています。

論述問題の割合を見ると11%(H26)→18%(H27)と増え、

さらにこのH28年度は26%まで増えてきました。

この割合が上がっているのは全国的な傾向で、

中には40%前後の県もありますので、

今後もっと増えていく可能性もあります。

受験においても「自分の考えを説明する力」が必要になってきています。

日ごろから自分を言葉で表現することを訓練しましょう。

これは社会に出ても役立ちますね。

広告を非表示にする